冷えが与える影響と青汁の効果

女性の悩みに多いのが「冷え」です。自覚している場合には対策を施すことも可能ですが、自覚していない場合、体内での冷えが深刻な場合もあります。冷えが起こる原因では、入浴がシャワーだけであったり、睡眠不足や生活のリズムが乱れている、食事バランスの乱れ、ストレスが溜まっている、運動不足、代謝の低下、エアコンや空調による室内環境の影響など様々な原因が考えられます。
冷えがひどくなると血液の流れも鈍くなり、栄養や酸素が運ばれない事で体調不良を引き起こしやすくなります。様々な原因を一つ一つ解消する努力が必要ですが、食事について言えば野菜不足が原因と言う事が多いです。
日本人が昔から食べてきた食事は、食物繊維やミネラルが豊富で野菜中心の食事でした。しかし、現代人の食事は様々な国の食文化に触れるようになり、野菜不足になりがちです。野菜や果物に多く含まれているビタミンE、ビタミンCなどが不足する事で血液の巡りが悪くなっている事が挙げられます。
そこで、手軽にこれらの栄養を補う方法として青汁がおすすめです。ビタミン、βカロチン、豊富な食物繊維によって体の中の毒素も排出してくれます。青汁には、血液をサラサラにする成分も含まれていて、生活習慣の予防、血液がドロドロになるのを予防する事が出来ます。青汁と言うととても飲みに憎い、見た目で拒絶してしまう方が多いですが、冷えの改善には欠かせない栄養素が豊富です。
また、青汁を飲んで十分な栄養を補給しながら、運動も欠かせません。現代人は、交通機関の便利さ、自家用車での移動などが当たり前の生活となり、慢性的な運動不足となっています。日々の通勤やちょっとした外出でも、歩いたり、自転車を利用するだけでも日々の運動量を増やすことができます。もちろん意識的にスポーツやジョギングなど運動をする時間を作る事も大切です。青汁を飲むことで体質改善のサポートはできますが、その他の生活習慣や環境づくりに配慮することも大切です。

カテゴリー: 効果 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>