頑固な便秘を改善してくれた救世主の青汁

妊娠中の厄介な便秘

妊婦2

妊娠中の便秘に困っていました。
妊娠前から頑固な便秘症だったうえに、妊娠が重なり、もう不快で苦しくて。
でもおなかの赤ちゃんの事を考えると、薬に頼るわけにはいかないと考えていました。
実際に産婦人科の先生に相談して妊婦用の便秘薬なるものも処方してもらいましたが、どうしても怖くて服用することが出来ませんでした。

青汁の効果による変化

青汁3

そんな不快な思いを解消すべく、人生で初めての青汁を飲んでみたんです。
妊娠によるつわりで、はっきり言って美味しいと感じたことはありませんでした。
でも、辛い便秘が改善されるという可能性があるうえ、体にもいい、つまりおなかの赤ちゃんにも良いという期待感から、まずは1週間はやってみようと心に誓い、はじめました。
はじめて5日もたったころには、徐々に体調に変化が表れていたように思います。
まず、体の調子がいい!妊娠で体が重ダルだったのですが、元気になったような感じがしました。
青汁を飲んでいるという、気持ち的な相乗効果もあったかもしれませんが、まず、周囲から言われたことは、「顔色がいい」です。
そしてこのころから、便秘が劇的に解消するようになってきました。
毎日のお通じが、最初の頃はまだタイミングも量もまちまちでしたが、日に日に時間、量ともにきっちりとするようになってきました。
日々一番のストレスだった便秘が解消されるのですから、その後のマタニティーライフは、それまでのどんよりしたマタニティー生活とは比べ物にならないくらい、活動的になりました。

青汁によって健康的な生活は身近にある

健康

表情、足取り、体調、すべてに青汁が関係していることは明らかでした。
そうして青汁を摂取し続け、出産まで無事に便秘症に逆戻りすることも無く過ごすことが出来ました。
飲む前までのイメージは、「苦い」「まずい」「お金がかかる」「継続できるか不安」でしたが、飲んでみればどうってことないです。
考え方を変えれば「ちょっと青臭い」、「まずいってほどではないけど慣れれば全然大丈夫」、「便秘薬を買うよりは安い」、「あの辛い便秘に戻る事を考えたら続けられる」です。
健康的な生活って、身近にあるささやかな幸せですよね。

カテゴリー: 効果, 未分類, 青汁の種類, 青汁の選び方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>